お金の借り方と返し方。

書籍のチラシ、ゴシップ紙、電柱に見かけるビラやダイレクトメールなどで、「借金の合理化します」「多重債務を統合しませんか」というような広告を目にすることがありますよね。

こういうのは、「整理屋」「買取業」「つなぎ業者」という通称の会社の嘘広告のときも存在します。

そういったものを依頼した場合には破産申立プロセスの中で最も大切な免責許可を手に入れられなくなる可能性も存在します。

「整理人」というのは、ダイレクトメールなどで多重負債者を集め、相当な費用を取り負債整理をしますけれど実際は借金整理はされず、当人はより一層の借金地獄に堕ちてしまうことがほぼ全部と思われます。

「買取業者」とは債務者のローンで、電化製品、何らかのチケットなどを山ほど注文させて、買った商品を販売額の10%や40%で購入するという手口が主です。

負債者は瞬間的には金銭が増えますがそのうちクレジット企業から品物の定額の催促がきて、結局は債務額を悪化させることになります。

このケースではカード会社に対しての詐欺であるとされてしまい免責を手に入れられなくなります。

「紹介者」では大手金融業者から断られる債務者に、業者として提供は全くせずに、金貸しを可能な異なる業者を知らせて、依頼料を請求する悪徳業者です。

つなぎ屋は直接の苦労で融通してもらえたというようにしゃべりますが実際は何もせず、単にルールのゆるめの会社を把握しているだけなのです。

この場合も実際は債務を悪化させることとなります。
借金 多額